英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法

【英語勉強法・リスニング&スピーキング編】 「2週間でリスニングマスター!」は本当なのか?

最近、ネットの広告などで、「○○週間で英会話をマスター!」などの文字をよく見かけます。果たしてこれは本当のことなのでしょうか?本当に2週間で英会話をマスター出来れば、これ以上の勉強ツールはないと思うのですが…

ところが、これらの教材を使用して、実際に2週間で英語がペラペラになったという人の話を聞いたことがありません。つまり、「そんな教材の広告はウソだ!」と思ってしまいそうですが、「100%ウソ」というわけでもありません。そこで、「○○週間でマスター!」などの広告を打ち出している英語教材の秘密を紹介していきましょう。

たとえば、「筋トレ」をするとします。5キロの鉄アレイを使って、10回ほど「上げ下げ」してみましょう。そして、10回上げ下げしたら鉄アレイを床において、今度は何も持たずに腕を上げ下げしてください。すると、腕が軽くなった気がしますよね。これは、腕が鉄アレイの重さに「慣れて」しまったため、その重さが外れた時に軽く感じる、一種の「錯覚」なのです。

「○○週間でマスター!」という教材も、じつはこの原理を応用しています。つまり、脳みそに一定間隔の「負荷」をかけて、その後、その負荷から解放してやるのです。すると、脳みそも錯覚を起こし、「理解できる!」という信号を体に送ってしまうのです。ということは、脳みそがその錯覚から醒めると、結局は元通りになってしまうんですね。

いかがでしょうか?これでは「○○週間でマスター!」という教材を使用する意味がなくなってしまいます。ところが、これらの教材にもちゃんと「利用する価値」があるんですよ。

たとえば上記の「鉄アレイ」の場合、「10回の上げ下げ」を1回だけ行ったのであれば筋肉は成長しません。しかし、これを毎日繰り返すと、いつの日かたくましい筋肉が出来上がるのです。「○○週間でマスター!」という教材にも、これと同じ効果が隠されていると思ってください。つまり、「○○週間」というのは「1セット」の長さであり、この「1セット」を繰り返し行うことで、いずれ自分の身に定着して英語力が付くというわけです。

このような教材には、「気軽さ」が含まれているため、飽きっぽい人にはオススメの教材と言えます。飽きやすい人でも、1セットの長さは短いため、切り返し練習しても「飽きにくい」という特長を持っているんですね。

英語教室不要!最新英語勉強法・口コミ人気ランキング!

1位「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】
5,089人が実証した英語勉強法!◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】 詳細 Click>>

2位初・中級者が6か月で英語を話す達人になる英語学習法
10年間全く英語が上達せず話せかった状態から3〜6か月間でネイティブに90パーセント以上通じる英語が話せるようになった方法を期間限定公開! 詳細 Click>>

3位1日3分!ありえない英語速習法【カリスマ英語トレーナー】
テレビでおなじみのウィッキーさんも絶賛した英語勉強法を公開!教材開始後にペースの遅い方でも8か月以内には日常英会話を習得しています。 詳細 Click>>






▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法 All Rights Reserved.