英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法

【英語勉強法・リスニング&スピーキング編】 洋画の「字幕」は英会話の勉強にならない!?

英語を独学で勉強している人の中には、「英語の映画」で勉強をしておられる人も多いと思います。「映画が好きだから、これなら飽きずに勉強を続けられる」ということなのですが、私の英語講師としての経験上、また、英語講師全体の総合的な意見としては、「洋画での英語の勉強には注意が必要」というのが一般的です。

映画で英語の勉強している人の多くは、「音声は英語で、字幕で意味を勉強する」というスタイルが一般的だと思いますが、じつはここが問題なのです。映画は、英語学習のためのものではありません。あくまでも「エンターテイメント」なのです。したがって、音声の英語に忠実に字幕が作られているとは限らないんですよ。たとえば、ある映画を観ていた時、字幕では「あいつを探せ!」と書かれていたのですが、音声の英語は「He can do it!」と言っていました。おそらく、何かの難題をクリアするために「あいつ」が必要だったのに、肝心の「あいつ」が見当たらないといったところでしょうか?

このように、日本語のセリフとして自然に見えるように「意訳」されることはよくある話ですし、英語の音声の「長さ」によって日本語の字幕に意訳が加えられることもよくあるのです。つまり、「オリジナル音声=字幕」で勉強していると、間違った意味のままで覚えてしまう表現が多くあるのです。また、映画の中には日常生活で使うべきではない「スラング」もたくさん出てきていますし、少なくとも初心者の皆さんにとって映画とは、「価値ある英語教材」とは言えないでしょう。

ただし、ある程度の英語力がついている人であれば、逆に映画での英語の勉強は効果的だと言えます。「なるほど。その英語はこのように訳すと日本語として自然に見えるのか」など、これは翻訳の勉強にもなりますし、英語と日本語の「言語感覚の違い」を勉強する意味でも効果的だと思いますよ。

英語教室不要!最新英語勉強法・口コミ人気ランキング!

1位「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】
5,089人が実証した英語勉強法!◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】 詳細 Click>>

2位初・中級者が6か月で英語を話す達人になる英語学習法
10年間全く英語が上達せず話せかった状態から3〜6か月間でネイティブに90パーセント以上通じる英語が話せるようになった方法を期間限定公開! 詳細 Click>>

3位1日3分!ありえない英語速習法【カリスマ英語トレーナー】
テレビでおなじみのウィッキーさんも絶賛した英語勉強法を公開!教材開始後にペースの遅い方でも8か月以内には日常英会話を習得しています。 詳細 Click>>






▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法 All Rights Reserved.