英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法

【英語勉強法・リスニング&スピーキング編】 辞書を使わずに「マネ」をしてみよう!

英語の「スピーキング練習」において、日本人が最も悩むのが「発音」です。世界的な常識でいえば、あまり発音をネイティブに近づける必要はなく、その国の「訛り」が入っているのは仕方がないことで、大切なのは「ちゃんと通じるかどうか」なのです。しかし日本人の「完璧主義」がそうさせるのか、日本人はやたらとスピーキングの「発音」にこだわるんですね。

発音練習は、スピーキング練習においてそれほど重要ではないのですが、「キレイでナチュラルな発音で話したい!」という人のために、効果的な発音練習法を1つ紹介してみましょう。それは「辞書を使わない」ということです。一見、簡単そうな方法に見えますが、これが意外に難しい方法なんですよ。分からない単語が出てくると、どうしても辞書を使って調べたくなりますよね。そして、調べた単語を次の会話のタイミングで使えば、会話レベルの上達に効果的と言えるのです。ところが、辞書を使って「バリバリ勉強」することは、単語の意味やスペルを知ることは出来ますが、「発音」は辞書から学ぶことが出来ません。また、その単語の「前後の単語」によって、その単語の発音にも微妙に変化が出てくるんですよ。たとえば「get」という単語は「ゲット」と発音しますが、「get my 〜」とつながると「ゲッ・マイ〜」と、「ゲット」の「ト」が消音されるんですね。つまり、その単語の正しい発音と、前後の単語による発音の使い分けに関しては、「辞書」では絶対に習得することが出来ないのです。

だからこそ、分からない単語が出てきたら、できるだけそれを「会話の中」で解決するようにしておきましょう。たとえば、相手が知らない単語を言ってきたら、「〜はどういう意味ですか?」という意味を持つ「What do you mean by 〜?」と聞いておきましょう。会話が途中で中断されることになりますが、こうして会話練習をしておくと、ナチュラルな発音練習に最も効果的だと言えるのです。なかなか難しい方法かもしれませんが、ぜひ実践してキレイな発音を手に入れてみましょう!

[推奨サイト]お金の「借入」をしたい方はココのページからスタート!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法 All Rights Reserved.