英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法

【英語勉強法・高校大学受験編】 まずは「教科書」が基本!

「英語」は、受験の科目としても「メイン」に位置している科目であり、誰もが避けては通れない難関です(受検のコースによって異なります)。したがって、受験を控えておられる皆さんの中には、「英語の勉強がうまくいかない…」と悩んでおられる人も多いことでしょう。しかし、よく考えてみてください。受験生の皆さんには、誰にでも「得意な科目」と「苦手な科目」がありますよね。では、なぜその科目が得意なのか?あるいは、なぜその科目が苦手なのか?これについて考えたことはあるでしょうか?

得意な科目と苦手な科目に分かれる理由は様々ですが、最も大きな理由としては「勉強法が分からない」ということが考えられます。つまり、「得意な科目=好きな科目」であり、好きな科目だからこそ、効果的な勉強法も自然と身についているんですね。つまり、たとえ苦手な科目でも、効果的な勉強法さえ見つかれば、苦手意識の克服も簡単にできると言えるんですよ。

効果的な勉強法を習得するには、まず「何を重点的に勉強すべきか?」ということを知る必要があります。勉強は、「とにかくやれば良い!」というものではありません。勉強にも順序があり、「レベル2」に行くためには「レベル1」をクリアしておく必要があるのです。

そこで、まずは「学校の英語教育」の内容を復習してくことをオススメします。受験の英語は、受験する学校によって難易度や内容に大きな差がありますが、根本的な部分は「教育指導要領」に沿ったものになっています。つまり、高校受験の英語で大学レベルの文法は出てこないということです。ということは、教科書の内容をしっかりと理解していれば、100点は無理かもしれませんが、少なくとも60〜70点くらいはとれる計算です。

では、教科書の内容を理解するための効果的な勉強法とは一体どのようなものでしょうか?「教科書の内容を勉強するなら教科書を開けば良いのでは?」と思ってしまいがちですが、じつはこれは間違った勉強法です。ためしに、あなたが使っている(使っていた)教科書を開いてみましょう。練習問題も少なく、長文の和約も記載されていませんよね。つまり学校で使用している教科書とは、「教壇に立っている先生の解説付きで、やっと効果があるもの」と考えておきましょう。したがって、教科書だけで独学での勉強には、あまり効果はないと思ってください。

教科書の内容を効果的に理解するために、1つオススメの参考書を紹介します。「増進堂・受験研究社」が発売している「ベストコーチ」という参考書です。文法説明はもちろん、練習問題も豊富に収録されていますので、こちらで教科書の内容を複数してみてはいかがでしょうか?

英語教室不要!最新英語勉強法・口コミ人気ランキング!

1位「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】
5,089人が実証した英語勉強法!◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】 詳細 Click>>

2位初・中級者が6か月で英語を話す達人になる英語学習法
10年間全く英語が上達せず話せかった状態から3〜6か月間でネイティブに90パーセント以上通じる英語が話せるようになった方法を期間限定公開! 詳細 Click>>

3位1日3分!ありえない英語速習法【カリスマ英語トレーナー】
テレビでおなじみのウィッキーさんも絶賛した英語勉強法を公開!教材開始後にペースの遅い方でも8か月以内には日常英会話を習得しています。 詳細 Click>>






▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法 All Rights Reserved.