英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法

【英語勉強法・効率的な上達法編】 「英語の世界」で生活してみる!

英語は「語学」です。数学のように、1つの「決まった答え」が存在している世界ではありません。1つの意味でも、その表現方法はたくさんあり、それぞれの表現方法には言葉から読み取れる「ニュアンス」や「心情」が表されているんですね。たとえば、「驚いた!」という日本語と「ビックリした!」という日本語、両方「驚く」という意味を持っていますが、その言葉から受け取れる「ニュアンス」は微妙に違いますよね。「驚いた!」の方は「一般的な驚き」を表現しているのに対して、「ビックリした!」の方は「急激な驚き」という雰囲気がします。このように、「意味は同じでも表現方法が違い、そこから受け取れるニュアンスも違ってくる」というのが、語学の特徴と言えるのです。

英語の勉強を効果的にするには、これらの「表現方法の違い」にも目を向けておきたいものです。ところが、辞書で単語だけを調べても、それがどのようなニュアンスを持っているのか、また、どのような場面で使えば良いのか、これに関しては辞書で勉強することは出来ません。つまり、「英語の世界」で生活をしてこそ、これらの違いを理解できるようになるのです。

ところが、ここは日本であり、アメリカでもイギリスでもありません。どうやって英語の世界で生活をすることが出来るのでしょうか?そこで、まずは新聞の「テレビ欄」を見てみましょう。番組名の横に、「二」という「漢数字」が書かれていることがあります。「ニュース番組」や「洋画番組」などに多いですね。これは「2カ国語放送」を意味している記号であり、リモコンの「音声切り替え」のボタンを押すと、「日本語⇔英語(外国語)」に音声が切り替わるんですよ。とくにニュース番組での英語視聴はオススメです。タイムリーな情報を生の英語で聞くことが出来るので、あたかも自分が海外に住んでいて、現地の夕方のニュース番組を観ているような感覚になります。ニュース番組では難しい表現もたくさん出てきますが、最初からすべてを理解する必要はありませんし、英語初心者の方でも「天気予報」は分かりやすいと思います。天気予報は1つ1つの文章が短く、使われている単語も簡単なものが多いため、まずはこの部分から重点的に聞くようにしておきたいですね。

また、他にも「英字新聞」や「海外のネットを見る」などの方法も効果的ですし、「Amazon」などで英語の書籍を検索・購入して、少しずつ読み進めていく方法なども効果的と言えるでしょう。

「英語の世界で生活する」とは、なにも「海外で暮らすこと」だけを意味しているのではありません。日本国内でも、「日常生活の一部を英語で行う」ことで、英語の世界で生活しているのと同じ効果が期待できるのです。

英語教室不要!最新英語勉強法・口コミ人気ランキング!

1位「超・集中脳」英語マスター教材【English Tracker】
5,089人が実証した英語勉強法!◆あなたの脳を16倍活性化し30日で英語をマスター!【10大特典付き】+効果がなければ【100%完全返金保障】 詳細 Click>>

2位初・中級者が6か月で英語を話す達人になる英語学習法
10年間全く英語が上達せず話せかった状態から3〜6か月間でネイティブに90パーセント以上通じる英語が話せるようになった方法を期間限定公開! 詳細 Click>>

3位1日3分!ありえない英語速習法【カリスマ英語トレーナー】
テレビでおなじみのウィッキーさんも絶賛した英語勉強法を公開!教材開始後にペースの遅い方でも8か月以内には日常英会話を習得しています。 詳細 Click>>






▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 英語勉強法@情報館 | 独学での高校・大学受験からリスニング上達法 All Rights Reserved.